FANDOM


荒木飛呂彦 > ジョジョの奇妙な冒険 > スターダストクルセイダース > ジョジョの奇妙な冒険 (コンピュータRPG)
ジョジョの奇妙な冒険
ジャンル ロールプレイングゲーム
対応機種 スーパーファミコン
開発元 ウィンキーソフト
発売元 コブラチーム
人数 1人
メディア ロムカセット
発売日 1993年3月5日
価格 9500円(税別)
  

ジョジョの奇妙な冒険(じょじょのきみょうなぼうけん)は、1993年3月5日コブラチームが発売した漫画『ジョジョの奇妙な冒険』Part3『スターダストクルセイダース』を題材にしたスーパーファミコン用ソフト。ジャンルはロールプレイングゲーム。『ジョジョの奇妙な冒険』初のコンピュータゲーム化作品[1]。制作総指揮を橋本真司が担当した。

ゲーム概要編集

珍しい横スクロールタイプのRPG。独特な点はストレスなどでパラメーターが変動する「バイオリズムシステム」が採用されていること。戦闘は普遍的なコマンド入力方式だが、戦闘前にタロットカード(後半にはエジプト9栄神も追加)を選ばされ、出た図柄によって能力が変動する。戦闘はもちろんスタンドで戦う。

戦闘では、普通に「戦う」ほか、「調べる」コマンドを選び、なにかを思いつくことによって使える「ヒラメキ」攻撃をすることで敵によっては戦闘を有利に運ぶことができることがある。「はなす」コマンドでは相手の精神力にダメージを与えたり、味方の精神力を回復することが出来る。(精神力が下がるとスタンドの能力が下がる。0になると戦闘不能)また、エンカウントは固定で、敵は基本的に決まった場所にしか出現しない。「タロットカード」というアイテムがあれば「占う」コマンドが使用でき、ラッキーアイテムが分かる。ラッキーアイテムを装備するとバイオリズムの変動が加速し、調整が容易になる。(ただし、アヴドゥルがいないとできない)。

テンプレート:ネタバレ

原作との主な相違点編集

  • 流通貨幣がどこの国でもドル
  • 一般人(肉の芽を植えつけられているので厳密には違うが)相手にもスタンドで攻撃する。
  • タワー・オブ・グレーが学校に出現。グレーフライは学校の用務員。
  • DIOの手がかりを得るためジョセフの念写をスタープラチナがスケッチするエピソードはカットされている。そのため、エジプトにいる事が判明しないうちに手掛かりのないまま旅を開始する。
  • ポルナレフが、最初は日本の本屋の店員として登場。
  • ジョセフがスタンドに関する文献やDIOに関する文献を街中の本屋や図書館で探そうとする。
  • フォーエバーのスタンド「ストレングス」の姿が館(原作では船)。これも日本にある。
  • 呪いのデーボの死亡後、ラバーソールがデーボに変装して登場(原作では花京院に変装)。
  • 夢のスタンド、デス・サーティーンがインドに向かう飛行機の中で襲ってくる。
  • ミドラーがその飛行機のスチュワーデス。ハイプリエステスはトイレのドアノブに化けている。
  • スティーリー・ダンは登場しない(説明書には掲載されている)。またラバーズがスタンドではなく種になっている。
  • エンヤ婆がラバーズをジョセフの脳に仕込む。前述のようにダンが登場しないためハイエロファントグリーンとシルバーチャリオッツだけでなく、スタープラチナとマジシャンズレッドもジョセフの脳に入って退治することになる。
  • ホル・ホースがJ・ガイル以外にも、マライアともコンビを組む。ボインゴとのコンビは無い。
  • オインゴ・ボインゴ兄弟が完全な脇役。
  • イギーは砂漠の町のピラミッドで登場。ゲブ神のエピソードはほぼカット。
  • アレッシーに子供にされるのは、花京院、ジョセフ、アヴドゥル(原作では承太郎ポルナレフ)。
  • ホウィール・オブ・フォーチュンが脇役(戦闘はある)。
  • なぜか承太郎一行がアヌビスの刀をピラミッドの宝箱で入手する。カーンは床屋ではなく商人で、承太郎たちにアヌビスの刀を売ってくれと交渉してくる(断っても強奪される)。
  • チャカは武器屋の店主。アヌビスの刀を見せてくれと言われ、渡すと刀に操られ襲ってくる。アヌビス神とは2回戦うことになるが、同じ攻撃が通用する(パワーを記憶したとのセリフはある)。また、チャカとカーンの登場順が原作と逆である。
  • ダービー兄が一般人のような扱い。トランプで勝負することになるが普通に勝てる。
  • ダービー弟とは普通に戦闘になる(賭けやミニゲーム等の要素は一切無い)。
  • 原作にあったアヴドゥル、花京院の重傷による一時離脱・アヴドゥル、イギー、花京院の死亡は無く、仲間全員が生存した状態でエンディングを迎える。

その他編集

  • 装備品として様々なものが登場する。(例:承太郎は学帽、チェーン)。その他、少年ジャンプやタバコなどもアイテムとして登場する。
  • 大きな相違点のひとつに承太郎が「ときのがくぼう」という「装備アイテム」で時を止める能力を手に入れる。このアイテムは最終決戦地であるエジプトカイロの館にてDIOと遭遇後、撤退中に入手した鍵を使って開く宝箱に入っている。空条承太郎に装備させると、DIOと同じ「時を止める能力」を身につけ、パーティーメンバーの中で唯一DIOに対して有効打を与えられるようになる(しかし花京院のみ強攻撃の時、有効打を与えられる)。

注釈編集

  1. ファミコンジャンプ 英雄列伝』『ファミコンジャンプII 最強の7人』『カルトジャンプ』に登場しているが、『ジョジョの奇妙な冒険』単独でのゲーム化は初めて。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki