FANDOM


ジョジョの奇妙な冒険 > 戦闘潮流 > ジョセフ・ジョースター

ジョセフ・ジョースター (Josef Joestar) は、荒木飛呂彦漫画作品『ジョジョの奇妙な冒険』に登場する架空の人物。

Part2『戦闘潮流』の主人公。

性格・人物編集

1920年9月27日イギリス生まれのイギリス系アメリカ人[1]。身長195cm 体重97kg。ジョナサン・ジョースター、エリナ・ペンドルトン夫妻の息子であるジョージ・ジョースター2世と、母エリザベス(リサリサ)の間に生を受ける。

イギリス空軍パイロットだった父(ジョージ・ジョースター二世)は、ジョセフが生まれて間もない頃に軍に潜んでいた屍生人(ディオの配下だったゾンビ)に殺害され、母のエリザベスもある事情から死んだことにされていた。そのため幼少期・少年時代は祖母エリナの手で育てられ、エリナに対して深い尊敬の念を抱いている。

容姿は祖父ジョナサンによく似ているが、ジョナサンと全く異なり、アメリカ人のスモーキー・ブラウンから「イギリス人とは思えない」と評されるほど軽い性格をしている。態度も紳士的とは言い難く、目上の人間に対しても常に茶化すような接し方をしている。しかし、黒人であるスモーキーに対しても分け隔てなく友情を示し、仲間を守るためには自らを犠牲にすることも厭わないなど、その奥底にはジョナサンと同じ正義の心が見て取れる。

相手の裏をかくことが得意で、戦闘においてはマジックイカサマを応用し、一見劣勢に見えながらも、相手に気づかせず周到な罠を張り巡らせるといった頭脳戦を展開する。また先読みの才能もあり、相手が次に口に出そうとする言葉を予測して先に言ってみせるという心理トリックじみた台詞回しをよく行う(ジョセフ「次におまえは○○と言う」または「次のてめーの台詞は○○だ」→相手「○○…ハッ!」)。その一方で、劣勢に陥ったら正面からのぶつかり合いを諦め、戦闘から逃走しようとする一面もある。その際に発する「逃げるんだよォォ!」の台詞も印象的であるが、その隙に打開策を練ったり、罠を仕掛けたりと、いわゆる「戦略的撤退」であって、戦闘を完全に放棄して逃げ出したことは一度もない。

「乗り込んだ飛行機墜落する」というジンクスを持っており、13歳(Part2の回想場面)と18歳(Part2の最終決戦)の時にそれぞれ一度、68歳の時に二度(Part3の「灰の塔」戦及び「死神13」戦)と、生涯で四度も飛行機の墜落事故に遭遇している(承太郎には3度目の墜落の時に「二度とテメーとは一緒に乗らねぇ」、4度目の時に「やっぱりこうなるのか」と言われている)が、いずれも生還するという強運の持ち主である。

老年期以降はビートルズを愛聴しており、登場した各部の最終話のラストシーンではウォークマンでビートルズの楽曲に親しんでいる。また、B級映画やマニアックな音楽にも傾倒しているようである。

呼び名 編集

ニックネームは祖父ジョナサンや他の歴代主人公らと同様に「ジョジョ」。ただし、ジョナサンの呼称の表記は基本的に片仮名で「ジョジョ」とされているのに対し、ジョセフはPart2の中盤以降は主にアルファベットで「JOJO」と表記されるようになった。

ジョナサン以上に「ジョジョ」と呼ばれることが多く、Part2では本名で呼ばれることは殆ど無かった(祖母であるエリナ、家族同然の存在であるスピードワゴン、結婚した後のスージーQからもジョジョと呼ばれている。ただし、エリナからは稀に「ジョセフ」と呼ばれることもあった)。Part3以降は「ジョジョ」の世代交代もあり、多くの場合「ジョースターさん」と呼ばれており、「ジョジョ」と呼ぶ者はいなかった。

娘のホリィには「パパ」、孫の承太郎からは「おじいちゃん」→「じいさん」→「じじい」。息子・仗助からは「ジョースターさん」→「じじい」と変遷している。

家族・血族 編集

  • その他:ジョルノ・ジョバァーナ(五代目ジョジョ)
    • DIOの息子だが、DIOの首から下はジョナサンの体であるため、ジョセフとも血縁関係にある。

劇中での活躍 編集

Part2『戦闘潮流』編集

18歳(1938年)。エリナと旧知の仲であるロバート・E・O・スピードワゴンを頼って、エリナと共にイギリスからアメリカ合衆国へと渡ってきた。石仮面で吸血鬼と化したストレイツォとの戦いを機に、ナチスも絡んだ柱の男との戦いへと巻き込まれる。

祖父ジョナサンと違い先天的に波紋の能力に目覚めていたが、訓練を行っていなかったため技術的に未熟で、柱の男との戦いにおいて苦戦を強いられた。しかし、ヴェネツィアにてリサリサ(ジョセフの実母)に弟子入りして修業に励んだ結果、短期間で波紋の能力を完全に操れるようになった。その後、エシディシ、ワムウとの戦い、親友シーザー・アントニオ・ツェペリの死を経て戦士として大きく成長し、究極の生命体となったカーズとの戦いでは、左腕を失いながらも、エイジャの赤石と火山噴火の力でカーズを宇宙空間に放逐した。

その噴火に巻き込まれて死亡したと思われていたが、岩盤が盾になって運良く海に落下したところをヴェネツィアの漁船に救助され、リサリサの召使・スージーQに看病されていた。しかしスージーQが生存の連絡を忘れていたため、ニューヨークに帰ってきた時には、執り行われていた自分の葬儀にて、自らの帰還とスージーQとの結婚を報告する羽目になってしまった。

Part3『スターダストクルセイダース』編集

69歳(1989年)。Part2の後、ニューヨークにて「ジョースター不動産」を経営する不動産王となった。スージーQとの間に一人娘ホリィがいる。孫・空条承太郎はホリィと日本人ミュージシャン・空条貞夫の間に生まれた子供である。カーズとの戦いで失った左腕には金属製の義手を装着し、その上に手袋を着けて隠している。

祖父ジョナサンの肉体の首から下を奪い、100年の時を経て復活したDIOの影響で、ジョースターの血統であるジョセフ、ホリィ、承太郎にスタンド能力が顕現。しかしジョセフや承太郎と違って闘争心を持たないホリィには、スタンド能力が心身に悪影響を与えてしまい、危篤状態へと陥ってしまう。ホリィを救い祖父の代から続く因縁に決着をつけるため、DIOを倒すべく、承太郎やジャン=ピエール・ポルナレフら仲間達と共にエジプトを目指す。

青年時代と同じく頭脳戦や駆け引きを変わらず得意とし、年月を経て得た様々な経験を生かし一行のリーダー・参謀役として、またその軽い性格からムードメーカーとして活躍。運動能力も年齢と比較して非常に高く、街中を全力疾走してもそれほど息切れした様子も見られなかった。また波紋能力もなくなったわけではなく、必要に応じて波紋の技を使用している。

DIOとの決戦においては、喉元にナイフを突き立てられた後DIOに血を吸われ、魂が天に昇っていったような描写がなされていた。しかし承太郎がDIOを倒した後、DIOの死体からの輸血とスタープラチナによる心臓マッサージを受けて蘇生し、承太郎と共にエジプトから日本への帰路についた。

Part4『ダイヤモンドは砕けない』編集

79歳(1999年)。もしもの時のために自らの遺産を整理していたところ、かつて不倫関係にあった日本人・東方朋子との間に隠し子・仗助がいることが発覚(周囲には「妻以外愛さない」と公言しており、そのためスージーQに激怒されたという)。仗助と対面するため、また音石明をそのスタンド能力で追跡するため、M県S市杜王町を訪れる。

Part3終了からPart4の間に、めっきり年老いてしまった。足腰も弱り、杖をつかなければ歩行もままならない有様だったが、アクトン・ベイビーの事件をきっかけに、少しずつではあるが往年の精気を取り戻していった。

仗助と対面した当初は気まずい関係で、仗助から他人行儀に「ジョースターさん」と呼ばれていたが、様々な事件を経て打ち解けた後は「じじい」と親しく呼ばれるようになっていた。また、アメリカに帰国した後はアクトン・ベイビーの赤ん坊を養子として迎え、静・ジョースターと命名している(但し本編には命名の描写はなく、名前の設定は「JOJO A GOGO!」の設定資料に基づく)。

Part4初登場時は飛行機ではなくに乗って杜王町に来訪しており、また最終話に杜王町を離れる際にも船を用いている。

波紋法 編集

波紋疾走(オーバードライブ)
相手に素手で接触し或いは打撃を加え、波紋を流しこむ。
劇中ではジョナサンのように特別な技名を叫ぶ事は少なかったが、対戦格闘ゲーム版では山吹色の波紋疾走(サンライトイエローオーバードライブ)、青緑波紋疾走(ターコイズブルーオーバードライブ)など、ジョナサンの用いていた技の名前が宛てられている。
波紋肘支疾走(リーバッフオーバードライブ)
肘打ちと同時に波紋を流し込む。
波紋コーラー
コーラテキーラの瓶に波紋を流し、内側から圧力をかけて栓を強く弾き飛ばす。技名は対戦格闘ゲーム版より。
クラッカーヴォレイ
鉄製のアメリカンクラッカーを鈍器として用い、それに波紋を伝達させて攻撃する。直接殴りつけるだけでなく、投擲して飛び道具として用いることもある。対戦格闘ゲーム版では後者を「クラッカーブーメラン」と呼称。
結界
相手に気づかれぬように糸の結界を張り、隙を見て糸を巻きつけ締め上げながら波紋を流す。得意の手品を応用した特殊な結び方を用いており、罠に気付かれ切断される事態にも対応している。エシディシ戦で使用。

他にも、様々な道具やトリックに波紋を応用した、独自の技を多く用いている。

ハーミット・パープル(隠者の紫) 編集

【破壊力 - D / スピード - C / 射程距離 - D / 持続力 - A / 精密動作性 - D / 成長性 - E】

イバラのような外見をしているスタンドポラロイドカメラなどを媒体にすることで、念写を行うことができる。序盤にポラロイドカメラを使い念写をしてみせる際カメラを叩き壊すほど強く殴らなければならないと本人が述べていたが、物語が進むとテレビや地面の砂を媒体にして特に殴ったりはせずに遠くの様子や周辺の地図なども映し出せるようになっている。機械に干渉し、機械内部の様子を探る事も出来る。

戦闘向きのスタンドではないが、イバラは自分の意思で自在に操作することができ、ロープのかわりとして移動や拘束の手段などにも用いられる。殺傷力は高くないものの、イバラ自体にも攻撃能力はある。また波紋を流す性質も持ち合わせており、本人の工夫によって高い汎用性を発揮する。

通常、スタンドが破壊されると本体にダメージが反映されるが、イバラが引きちぎられてもジョセフはダメージを受ける描写はなかった。

スタンド名の由来はタロット大アルカナ9番目のカード「隠者」。

備考 編集

  1. 当初はイギリス人とされていたが、第三部以降ではアメリカ人とされているため、第二部終了後にアメリカ帰化したと思われる。
  • 全編を通じて、波紋法とスタンドの双方を使用できる唯一の人物である。
  • ジョースター家の男子には「生涯一人の女性しか愛さない」「代々短命である」というジンクスがあるが、それを初めて打ち破った人物でもある。
  • Part2最終話においてウォークマンビートルズの音楽を聴くシーンには、連載当時の原稿では「ビートルズの『ゲット・バック』でも聞くか」という台詞が用いられていたが、単行本では諸般の事情からカットされている。Part3最終話ではこのシーンに帰結する描写として、「The Beatles “Get back”」とラベルの貼られたカセットテープをウォークマンで聞いている。また、Part4最終話においても、ポータブルプレイヤーにMDを入れる1コマが描かれている。
  • Part3以降の容姿はエゴン・シーレがイラストに描いた人物に酷似しており、シーレへのリスペクトとされる。
  • Part4ではスタッフのミスによりPart3が本来の1989年ではなく1987年に設定されたため、Part4でのPart3に関連する西暦や年齢には若干ズレが生じている。
  • 2003年に放送された番組週刊少年「」にて、原作者の荒木飛呂彦に俳優の船越英一郎が、「ジョセフ・ジョースターはまだ生きているのでしょうか」という質問に対し、荒木は、「ちょっとボケてると思うんですけど、生きてると思います」と答えてる。

声優編集

th:โจเซฟ โจสตาร์

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki