FANDOM


テンプレート:漫画岸辺露伴は動かない -六壁坂-』(きしべろはんはうごかない むつかべざか)は、『ジャンプスクエア2008年1月号に掲載された荒木飛呂彦による短編漫画作品。短編集への収録は予定されていないが、2009年10月23日に発売された『ジャンプSQ.M(ジャンプスクエア マスターピース)』Vol.002へ初出時同時掲載のインタビューを再編集したものと共に再掲載されている。

テンプレート:ネタバレ

概要 編集

創刊記念特別読み切り第2弾として掲載された61ページの短編作品。物語は『ダイヤモンドは砕けない』の登場人物、岸辺露伴を語り部として展開され、設定上原作を岸辺露伴が、作画を荒木飛呂彦がそれぞれ担当したという事になっている。

同誌掲載のインタビューで荒木飛呂彦はこの作品について、今作の10年前に描いた『岸辺露伴は動かない 〜エピソード16‥懺悔室〜』(『死刑執行中脱獄進行中』収録)をシリーズとして何作か描きたいと考えており、『ジャンプスクエア』から短編の依頼が来た際、そのアイデアがあったことからこの話になったと説明している。

あらすじ 編集

漫画家・岸辺露伴は読み切りの打ち合わせにきた漫画編集者の貝森稔に原稿料の前借りを申し出る。妖怪伝説の漫画を描くために取材を行っていたところ、その土地に開発業者がリゾート道路を通そうとしていたため、周囲の山を6つ買って阻止したらリゾート計画で高騰していた地価が暴落、破産したと言うのだ。あまりの内容に貝森は呆気にとられるが露伴は「ちゃんといたんだから取材の価値は十分にあった」「『六壁坂』の妖怪は今もそこにいる」と続け、取材で訪れた六壁坂村での体験を語り出す。

登場人物 編集

岸辺 露伴(きしべ ろはん)
  • スタンド名:ヘブンズ・ドアー(天国の扉)
杜王町に住む人気漫画家。27歳。デビュー11年目。作品のリアリティを何よりも重要視しており、妖怪伝説の取材の為だけに山を6つ買い、破産した。借金こそしていないものの財産も家も失い、現在は広瀬康一の家に厄介になっている。スタンドは対象を本にして、記憶を読んだり命令したりできる「ヘブンズ・ドアー」。今作でも登場するが、『ダイヤモンドは砕けない』に登場したものとは若干デザインが異なる。
貝森 稔(かいがもり みのる)
漫画編集者。23歳。入社1年目で既婚子供無し。61ページの読み切りの打ち合わせをするために露伴のもとを訪れるが、そこで露伴に原稿料の前借りを相談される。
小林 玉美(こばやし たまみ)、音石 明(おといし あきら)
露伴にサインをねだりに来た2人組。どちらも『ダイヤモンドは砕けない』にスタンド使いとして登場している。なお、玉美とは『ダイヤモンドは砕けない』において対面しているはずだが、本作では初対面のような態度である。
大郷 楠宝子(おおさと なおこ)
六壁坂村で300年続く味噌作りで成功した一族の一人娘。庭師の釜房郡平と関係を持っていたが、大学卒業後に許嫁との結婚する事が決まっていたため、郡平に対し手切れ金とともに別れ話を切り出すが、ふとした拍子に郡平を死なせてしまう。しかし、その事実を隠して修一と結婚、子供を2人儲ける。
釜房 郡平(かまふさ ぐんぺい)
大郷家で働くバイトの庭師。そこの一人娘、楠宝子と関係を持っていたが別れ話を切り出される。それでも食い下がるが楠宝子に突き飛ばされ、その拍子にゴルフクラブが後頭部に刺さって死亡する。遺体は楠宝子の寝室のクローゼット天井裏に隠されたが、死亡後も血が止まることなく流れ続けたり、いつまでも腐らない、霧吹きで水を吹きかけると一瞬だけ生前の姿に戻るなど、その遺体には明らかに普通とは違う特徴が存在している。
修一(しゅういち)
楠宝子の許嫁。楠宝子の大学卒業後に結婚し、大郷家の養子に入る。
楠宝子の娘
楠宝子の娘。楠宝子の記憶から釜房郡平の存在を知り、大郷家の周囲を嗅ぎ回っていた露伴に声をかける。

関連項目 編集

テンプレート:Manga-stub

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki