FANDOM



虹村 億泰にじむら おくやす)は、荒木飛呂彦漫画作品『ジョジョの奇妙な冒険』に登場する架空の人物。

Part4『ダイヤモンドは砕けない』の登場人物。

人物 編集

虹村形兆の弟。身長178cm。天秤座。杜王町に引っ越してきたスタンド使い。物語序盤、兄の手助けのため東方仗助と戦ったが敗北し、形兆に見限られ殺されかけた自分を救ってくれた仗助に恩を感じるようになる。それ以降は親友となった。仗助らと打ち解けた直後、レッド・ホット・チリ・ペッパーに兄の形兆を殺害され、捜索の末に本体の音石明を見つけ出し仇を討つことに成功。その後も仗助らと行動を共にする。

仗助と同じ高校に通っているが、クラスが違う。いつも兄を信じ頼って行動していたためか、決断が苦手。単純で直情的だが気のよい人物。頭が良くないことをたびたび指摘されており、本人曰く物事を深く考えると頭痛を起こすらしい。女の子に縁がないらしく、広瀬康一山岸由花子の関係に嫉妬して泣いて悔しがる場面がある。 各部に貨幣に関するマークが入った、右肩に「億」、左肩に「BILLION」と書かれた学ランを着ている。

強面な容姿に似合わず、なかなかにおぼっちゃん育ちでグルメ(ただし、自炊している)。
甘党でありカレーライスは甘口の物しか食べられず、イタリアンレストラン「トラサルディー」の唐辛子入りパスタにも初めは難色を示した(最後は料理に惹かれ口にしている)。幕の内弁当を食べながらミルクティーを注文したり、憂鬱な月曜の朝にはストロベリー&チョコチップアイスを舐めながら登校するのが心の慰めと語っている。

スタンド 編集

詳細はザ・ハンドを参照

実写版 編集

形兆の弟。直情的な性格で、深く物事を考えず、いつも冷静な兄の足を引っ張る。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki